色んなことを経て現在保護猫13ひき、保護犬2ひきと同棲中です。
多頭飼いあるあるや苦悩、喜び、感動のストーリー!

になったらいいなと思いながら

たぶん9割はオチのないまったり日常日記になると思います。

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ろくなん【しらす】

 

▲300円の筒状のおもちゃがお気に入り

 

ねこまみれ家 六男のしらすです。

これがまあ色んな意味で問題児でして。

年齢は4歳、愛称は【しらす】そのまま。

 

しらすも仔猫時代にお迎えした子です。

生後2〜3か月位だったかと思います。

 

▲貴重な仔猫時代のしらす

 

まずこの子

 

前記事の上司の下で再度産まれた子です(白目)

 

「あんなに避妊をしろと言ったのに!!!また脱走させたんかワレェ!!!!」

 

「いやいや、今回は脱走させていない。

この子は去年産まれた子とその母親の間にできた子供。」

 

まさかの近親交配

 

イヤーこれはさすがに呆れて怒る気力もなかったです(#^ω^)

 

私だって難しいことはわかりませんが

人間でも近親交配にはリスクがあるというのは当たり前のこと

私よりも何十年と生きてるのにそんな事も知らんのかこのオイボレ

 

この時は虹組の子もまだ健在、ねこまみれ家の飼育数はこの段階で6匹。

(犬も合わせると9匹)

でもね、なんかもう面倒を見きれる責任うんぬんよりも前に

この上司に生き物を育てる資格なくね?という憤りしかありませんでした。

 

しかもこの時なんかいろいろと言い訳してましたけど

最終的には家庭の事情が〜とか

 

そんなことお猫さまにとっちゃ 関 係 ね え !

 

蔑みの視線と共に罵詈雑言浴びせときました

浴びせたところで事実は変わらないんですけどね。

 

話し合いの結果

仔猫を引き取ると共に、条件としてなるぽんのお兄ちゃんの去勢手術を要請。

自分では頑なに病院に連れて行きたがらないので、仕方なく私が代理で病院へ

(ほんとうにブン殴ってやろうかと思った)

※ちなみにちゃんと施術代は頂きました

 

 

▲家に連行してきた上司の猫【チビ】 なるぽんの兄妹にしてしらすの父

 

いやぁ、上司に育てられたとは思えないほどかわいいチビちゃん…

そうか…おぬしがしらすの父上か…

 

複雑な気持ちだけど同じ過ちを起こさぬ様に

翌日タマタマをとろうね

本当なら上司のタマをとってやりたいんだけど

 

翌日無事に去勢手術を終え、一日置いてチビちゃんは再び上司宅へ帰っていきました👋

後々聞くと、スプレー行為とかあったらしいけど放置してたらしいです。

 

チビちゃんの今後のストレスが不安です…😢

 

本当は母猫の方も避妊させたいけど

私は上司の便利屋さんでもお医者さんでもないので、再び忠告だけ。

そのあとも数年一緒に仕事してましたが

近親交配の心配は無いし、脱走をした様子もなかったので一先ず安心です( ´Д`)=3

(母猫のストレスは不安だけど)

 

その後乳離れ(したらしい)しらすを引き取って

近親交配ならではの変化が一体いつ頃出るのか不安でしたが

幸いにも仔猫時代は特に気になる点はなく

急に母性に目覚めたぽんずによってしらすは育てられました

 

▲舐めたい猫 vs 舐められたくない猫

 

小さい頃はこんな可愛がっていたのに

何故か今ではしらすが大の苦手になってます。

機嫌が悪いと姿を見ただけでブチ切れます(´・ω・`)おっかなーい。

 

多分、しらすがしつこいからっていうのと

力の加減がおかしいからかなぁという勝手な飼い主推理。

 

今に至って一番恐れていた

近親交配の影響は思ったよりもありました

 

血液検査の結果腎臓の数値が年齢のわりに悪いということ。

免疫が過剰に働いてしまい毎日黒い目ヤニが出ます。

今は毎日軟膏を塗ってますが酷いと固まって目が開かないことも。

2歳くらいに手足の指の間に炎症が起きて噛み過ぎで膿んだこともありました。

去年の暮れには一時間に何度も吐き、急いで病院に連れて行ったら脱水と胃腸炎を起こしてたり

 

あとコレ一番重要なんですけど

 

食欲が異常

 

ご飯タイムはしっかり見張ってないと、ウェットフードは三匹分は食べてしまいます

満足出来ないと鳴いて抗議してきますが、そこは心を鬼にして無視です!断固無視!

 

貰えないと解ると

最終的に色んなものを食べ始めます

(被害届が出されるもの→ ビニール・段ボール・エンピツ・メガネetc)

 

▲キャットタワー上部に付属してるキリンをかじるしらす

 

もう毎日とにかく誤飲がこわい

何度も吐いたときはいよいよ何か食べたのかと思った…。

 

でもさすがに限度ってあるからね💧

どうしてもヤバイなって時は合間合間におやつを与えて頑張ってもらってます…😅

 

たまに母親がこっそりあげてるの知ってますけどね!^^

 

手のかかる子ほど可愛いというものらしく、しらすは特にお母さまのお気に入りです。

とてもしらすに甘い、甘すぎる!

気が付くと三食ウェットとか当たり前にやってるんです(しかも総合栄養食じゃないの)

せめて栄養になるものを与えてくれればいいのに…

でも太らない不思議(´・ω・`)なんで??

たまにハッスルしてるからそれでカロリー消化されてるんでしょうか。

 

▲お、鳥発見!

 

というわけで

我が家ではいちばん注意深く見てないといけないしらすさんでした。

どうか末永く元気に、長生きしてほしいと思います。

 

※最近では寝たい所で既に寝てる他のお猫さまを見つけると

しつこく、しつっっっこくグルーミングして最終的に噛んで追い出します😂

普通に性格悪いです(笑)

 

 

ごなん【なると】&さんじょ【ぽんず】

 

▲リアル猫じゃらしに釘付けのなるぽん

 

13匹の紹介大変ですね(真顔)

お犬さまも控えてますので若干巻きでいきます笑

 

我が家の兄妹猫、なると(茶トラ白)とぽんず(三毛)です

年齢は5歳、愛称はなる・にゃる / ぽん・ぽんちゃん。

 

この子たちは仔猫時代から来ました、記憶では生後3〜4か月位だったかと思います。(の割には小さかったけど)

職場の上司(?)宅で脱走したメス猫が帰ってきたものの妊娠、それで産まれた子たちです。

3匹産まれたものの1匹しか飼えないから飼ってくれと…言われた時はほんと、このヤロウと思いましたが

引き取らなければ冗談抜きで捨てそうだったので引き取りました。

 

なので、その上司(?)宅にはこの2匹のお兄ちゃんがいます。

そのお兄ちゃんですが、後程のお猫さま紹介時に登場することになります

残念ながらあまりいい話ではありません……

 

とりあえず、母猫がいるのなら乳離れ出来てから、という条件で話をつけました。

なんとこの辺り、ちょうど家にあずきが来たばかりの頃です。

絶賛夜鳴きに悩まされて寝不足の時だったので、色々と上司にブチ切れた記憶があります

 

脱走は意図してさせたわけではないにしろ、可能性がゼロではない以上避妊去勢はするべきかと私は思います。

産まれる子を自分で終生面倒見れるのならば何も言いませんが…

脱走したメス猫ちゃんは早急に避妊するように忠告しておきました(#^ω^)

 

そして、その話から1週間後、小さな兄妹猫が我が家に到着。

 

…え?乳離れ早くない??

 

戸惑いつつ見てみると、あまりの小ささになってこったい…

 

トキメキが止まらない‥💕

 

思えば仔猫と暮らすのはこれが初めてでした。

 

いやぁ、仔猫ってやばいですね

(*゚∀゚)=3

 

可愛さはもう当たり前なんですけど、想像以上に暴れるしはしゃぐし走り出すし壊すし!

仔猫用の簡易ケージも数時間で壊されました😂

じゃれあってると思ったら急に静かになってぐっすり眠っていたり、ご飯も一心不乱で汚しながら食べたり…

兄妹だからか常に傍にくっついてて…なんていうかもう…OH…TENSHI…??😇

よだれが止まりませんね仔猫。

 

人間の子供はいないので実際はわかりませんけども、目を離したらマジで何をするかわからないですね。

あずきを早々にメイン部屋(一番大きな部屋)に解き放ち睡眠不足から解放されるかと思いきやもっと睡眠不足に。

 

▲なるぽん幼少期

 

二匹にとってわさびがお母さん代わりになってくれました。

しかしどう見てもまだ乳に未練がある…乳離れとは…???

 

こんなに小さかった二匹も今では

 

こんなに大きくなりやがって…!!!!!!(っω<`。)

 

初めて接する仔猫に不安がなかったわけじゃありません。

あまりにも小さいのでご飯も気を使ったり、部屋の中で危ないものはないかと目を光らせたり。

基本的にズボラな私なのですが、それでも大きな病気もせずここまで育ってくれました

 

ママ感激

 

ただ、わさびが亡くなってからの二匹に少し変化がありました。

今までしなかったトイレ以外での粗相だったり、いつもよりもストーカー気質だったり、すごく鳴いたり。

多分この二匹にとってわさびの存在はとても大きく、反動ですごくショックだったんだろうと思います。

私がわさびの代わりになれることなんてもちろん無くて、ただ黙って粗相を片付け鳴けば気が済むまで撫でてやりました。

 

そして意図せずくる新顔お猫さまたち😅

この二匹には精神的ストレスを一番かけてしまっているなぁと反省してます(*_ _)՞՞

なるべく我儘は聞いてあげてるほうなんですが、こんな時お猫さまと会話が出来たらなと非現実的なことを思ったり。

 

▲獲物を攻撃するなると

 

まあでも、人間がお猫さまに出来ることなんてたかが知れてます。

なのでただただこの身を捧げて全力でお猫さまに尽くすのみです。

たとえ手が爪でボロボロになろうが、地雷の様に仕掛けられてるおゲロを踏もうが

 

▲絶好の日向スポットでおやすみになられるぽんずさま

 

寝床も常に日当たりを気にして!

たとえ仕事が夜型で昼夜逆転飼い主が朝寝るタイプでも、お猫さまが求める限りカーテンを全開にして寝ますとも!

(すいませんちょっとだけ閉めてます)

 

お猫さまにストレスは禁止ですからね( ^ω^;)

なるべく毎日静かに穏やかに(若干やかましのがいますが)過ごしてもらいたいなと思います。

 

余談ですが、なるとは何故かキジトラが嫌いです。

キジ白はいいみたいですが、キジトラはどうしてもお気に召さない様子。

我が家にいるキジトラ二匹とは相性が悪く、いつもいじめてる立場です。

「同じ空間にいるのは許してやれ」作戦実行中ですが、最近は少しマシになってきました

しかし柄で嫌いになるってあるんですかね…??不思議なお猫さまです…。

※ぽんちゃんは気にしてない

 

 

 

よんなん【こんぶ】

▲遠くを見つめてるところを隠し撮り

 

おはようございます、ねこまみれです。

基本的に何事も続かない私ですが、猫のお世話と猫撮影だけは飽きずに続けられています。

 

今日は四男の【こんぶ】ハチワレの長毛というハイスペック(?)猫。

推定年齢は6〜7歳、一応あずにゃんよりは年下かな?という印象です。

愛称はこんちゃん・こんさん・こんぶさん。

 

時系列ではあずきから四番目に来てる子ですが、年齢順にご紹介します。

 

実はこんぶさんは、あずきを保護して頂いた個人ボラさんから再び!な子です。

お話によれば、あずきと親戚かもしれませんとの事でした。

 

事の発端は、私が呟くように「長毛種ってめっちゃかわいくない?」という一言から始まりました。

それを聞いた母が、何をトチ狂ったのか既に多頭飼いな我が家に(この時既に5匹)

「長毛の子を保護したらぜひ家に」と知らない間に話をしていたそうです。

 

それを知らない私、こんぶさんが来る当日に母が「長毛の子がくるよ」と衝撃告白

 

今でこそ多頭飼いにおける猫のストレス度や接し方なんぞ解っているつもりではいますが

当時はぼんやり「果たして全員面倒見れるのか…?」という不安半分楽しみ半分。

 

待ち合わせ場所はなぜか病院。

母が迎えにいくと、疲弊した獣医師さんと看護師さん、個人ボラさんが病室にいたそうです。

キャリーの中からは唸る声と威嚇猫パンチ・どうにか出ようと暴れる物体が見えたとか。

 

キャリーに入れる際に威嚇するわ引っ掻くわ逃げ回るわ、ちぎっては投げちぎっては投げ状態。

獣医師さん曰く「この子はかなり難しい」とのお墨付き👍🏻

そんなこんなで、我が家に来たときは半端じゃなく怯えていました。

 

でも一目見て

人馴れするかどうかの不安よりも、めっちゃ可愛いなぁ…が第一印象です。

 

そして怒られるかもしれませんが、私こんぶをケージに入れた記憶がございません😅

多分そのまま部屋に解き放った気がします(ちなみに諸々の検査は終了済です)

入れていたとしても恐らく数日…??( •́ω•̀)

記憶にあるのは

速攻で隙間という隠れられるところに入り、人のいない隙にご飯とトイレを済ませていた気がします。

 

▲人をダメにしてしまいそうなクッションでダメになるこんぶさん

 

それが今ではこの体たらく

 

ここまで来るのに結構長い年月を要した気がします( ˘ω˘ )

ちなみに今でも母親には全く懐いてません、声がするだけで隠れる始末です😂

でも私には撫でさせてくれるしだっこもちゅーもさせてくれます💕

 

はいかわいい

 

ブラッシングもこまめにしてるんですが、なにせ母親がいると出てこないので隙を見ての作業

たまに毛玉が出来ては雑なカットしてますが、それでもお腹を出して喜んでくれてます(喜んでるはず)

 

ただこんぶさん、またまたダメな飼い主のせいでおそらくメタボ猫です😱

 

今月の健康診断で7キロ台だった時マジでびっくりした。。。:( 'ω' ):震

正直、体感的にはあずにゃんの方が重かったので。。。ナメてた。。。。:( 'ω' ):震

 

まだ健康診断の結果は来てないのですが、多分ダイエット指示が入るのであずきと共にカロリーオフドライにチャレンジ!

 

わーあずきより食べなーい^^

 

困ったもんですね

とはいえ私の管理不足が一番の原因です、頑張ります、ダイエット。

 

こんぶさんは我が家に来てから見た感じ病気になった事はない子です

不安な事は一切なく、ごはんも水も、もりもりしてます。ケガをしたこともないです。

よっぽど病院が嫌いなのか全力で病院に行きそうな事案を回避してますね💧

(ほかの猫の結膜炎も猫風邪も全く感染しなかった。。。)

 

なので、体は丈夫かと思いますがあずきと共にこんぶさんもシニア期に入ります。

より一層気を付けてまったりと許される距離感で幸せに過ごしてもらいたいと思います💕

 

▲母親が寝静まったかコタツから様子を伺うこんぶさん

 

ほんと面白いほど母親が姿を消すと出てくる、賢い!💕

 

 

 

 

さんなん 【あずき】

 

▲窓の外をぼーっと見つめるあずき

 

ブログトップの写真にも登場してますが、この黒猫が現在我が家の三男【あずき】です。

長男のアダム・次男のたろうは今は虹の橋で見守ってくれています(アダムとたろうの話は追々。。。)

 

ねこまみれの家では実質一番のアニキになるわけですが現在推定7〜8歳

愛称はあずにゃん。

 

家にきたのは生後8か月〜位でした。

過去の写真が以前の携帯で来たばかりの写真はないのですが

体は若干ホッソリしていました。

 

母の知り合いの個人ボラさんから「猫飼いませんか?」と言われたのがきっかけです。

その時は既にたろうとわさび(享年5~6歳)がいたのですが、保護された子が黒猫ということで母は即決(黒猫がスキ)

 

彼が来るということで、しまいこんでいたケージを組み立てて私の部屋に設置

出迎えた時は怯えこそしませんでしたが慣れそうな様子もなく…

 

彼はとにかく夜鳴きがすごかった

 

夜鳴きっていうか…昼夜問わず鳴いていた記憶があります😅

連日連夜寝不足で、一体どうしたら鳴き止んでくれるんだろうと悩みました👣

 

今思うと、一つの空間に閉じ込められることが怖かったんだなぁと

リビングで窓を開けたいときに私の部屋に他の猫と一緒に隔離してる時があるんですが、その時もすごく鳴きます💦

洗面台に入ってるときも気づかずに扉を閉めてしまっても、すぐに鳴いて知らせてくれます

猫は狭いところが好きと言いますが、彼は狭いところには入りません

なので、狭いケージで慣れるまで待つより、彼は早いところ開放的にしてあげた方がよかったのかなと思います。

結局夜鳴きに私が耐えられず

4日目位でどうにかなるだろオラァな気持ち(やけくそ)でケージから出してリビングに解き放ったんですが

もちろん先住猫との相性もあるので傍で様子は見てました

でも先住猫は少し匂いを失敬するくらいで関心なし!!

 

良かったのかどうなのか…

仲悪くないけど仲良しにはならなそうだなぁ。。。( ;˙꒳˙;)

 

結果的に私の睡眠時間は守られ…なかったんですね実は(´._.`)

それはなぜなのか、乞うご期待です(?)

 

 

 

 

今ではいろんな猫がいるので対応は本当に猫それぞれですが

とりあえず夜鳴きが酷かったりする子は、可能な範囲で自由にしてあげとると案外早く慣れてくれるかもしれません👍🏻

ただ先住猫がいる場合はオススメはしません、やっぱり相性がありますから。。。

 

ちなみに

男の子なのに、どちらかというと女の子っぽい【あずき】という名前がついているには深い事情があります

保護当時に診てもらった病院のワクチン証明書、そこの表記には【♀】と記載してありました

 

ハイ、ぶっちゃけ女の子だと思ってました(浅)🤗

 

なので自信満々にあずきと命名してしまいました。。。

病院で避妊手術をする予定が去勢手術に‥

立派なもんがついてますねと先生に言われてびっくりしたのは忘れません。

いやでも、男の子でもアリですよね、あずき。

 

▲開放的なリビングで電気カーペットにメロメロのあずき

 

最近は飼い主のせいでメタボ判定されてしまって、絶賛ダイエット中です。

このすっとこどっこい、カロリーオフのドライを全く食べません。

色んな種類を試しているんですが、渋々ロイカナの体重管理を食べるくらいです。

せめてこれ以上メタボになってくれるな…と心の鬼にして頑張ってます。

 

穏やかな性格で色んな猫がいても何のそのなあずきさん

1日でも長く幸せに生きてほしいと思います💞

 

 

 

 

ごあいさつ

 

ブログ閲覧ありがとうございます✨

初めましての方もそうでない方も、どうもねこまみれと申します。

その名の通り我が家には猫13匹・犬2匹の大家族

 

猫の比率がおかしくね?

 

ということで、覚えやすくねこまみれという名前にしました。

 

こんな私ですが

猫好きな方、犬好きな方、どちらも好きな方

拙い文章と表現ですがどうぞよろしくお願い致します(*ᴗˬᴗ)⁾⁾ペコ

 

まずは大家族なので

我が家のお猫さま、お犬様の紹介をさせてください( •ω•ฅ).。.:*♡

猫だけでいえば男の子が多いので逆ハーレム状態です

好みの男がいたらラブレターも受け付けております(?)

 

女の子も可愛子ちゃん揃いです

ファンクラブ創設もお待ちしております(?)

 

ねこまみれ